医療・DV・個人情報の相談について

今現在治療をしてもらっている内容について知りたいことやクレームなどといった相談をしたいのであれば、医療安全支援センターに連絡をするといいでしょう。
精神科で現在入院をしていて、現在の待遇をどうにかしてほしいと思っていたり、退院をしたいと考えているのであれば、本人または保護者が医療安全支援センターに連絡をするといいでしょう。

もちろん、精神科だけではなく、内科などに関する相談にも乗ってもらうことができるようになっています。

また、カルテの開示をしてもらうための相談などにも乗ってもらうことができます。
この医療安全支援センターは、医療圏や各都道府県に設置されていますから、最寄りの医療安全センターに相談をしてみてください。
DVや高齢者・児童の虐待などに関する相談窓口もあります。→相談窓口一覧表

 

まず結婚相手や恋人などから暴力を受けているのであれば、市町村に設置されている婦人相談所や都道府県が運営をしている配偶者暴力相談支援センターに相談をしましょう。

そして、高齢者に対しての虐待の相談の場合は、市町村にある高齢者担当部署であったり、地域包括支援センターに連絡をしましょう。

最後に、18歳未満の児童に対しての虐待の相談は、児童相談所や子ども家庭支援センターに相談をしてください。

DVにしても虐待にしても、緊急性がある場合は、各センターに連絡をするよりも警察に通報をするようにしてください。
そして、プライバシー情報に対しての相談窓口もあります。

プライバシー情報というのは、個人情報保護法という法律によって守られています。→安心のカード現金化
このプライバシー情報が流出されていたり悪用されているのであれば、市町村に設けられている相談窓口や国民生活センターに相談をしましょう。