不動産や自動車の契約と任意後見制度について

補助について

お金を融資してもらったり、車や不動産を購入するための契約をする場合、本人でも契約をすることができる場合もありますし、契約できない場合もあります。

契約をすることはできても、本人は契約内容について理解をしていないということもあるでしょう。

このような時に補助をしてくれる人、補助人に契約の補助をしてもらうようにしたほうがトラブルを回避したりすることができる場合もあるのです。

特に、高額な不動産などを購入した場合、本人が契約をしたとしても補助人も同意をしていなかった場合、契約を解除することも可能です。

任意後見制度について

今は自分でも判断をすることができたとしても、症状が悪化をしてしまったりして、将来的に判断をすることが難しくなってしまった時に役立つのが任意後見制度となっています。→任意後見制度とは

本人がちゃんと判断をすることができなくなってしまった時のために、事前に後見人を決めておくという制度となっています。

そして、予想通り判断をすることが難しくなってしまった場合、任意後見人を監視するために、簡易裁判所や任意後見監督人を決めます。

任意後見監督人が選ばれてから、後見人としての役割を果たすことができるようになっているのです。

任意後見人として選ばれた人は、当事者の医療や介護の契約や財産管理を行うことになります。

家庭裁判所が、後見人や補助人などを決めることになります。

基本的には当事者の兄弟や両親などといった身近な人が選任されますが、稀に社会福祉会や弁護士会などといった公益法人が選任される場合もあります。

バストアップサプリ